⚠︎記事内に広告を含みます

【日本高配当株】人気銘柄クレオの株は儲かる?損する?財務分析まとめ!

クレオ 儲かる 高配当株投資 IR

クレオは、情報システムの会社です。

IT関連のソフトウェアを提供して企業の業務効率化を支援しています。

今回はそんなクレオの財務分析をカンタンに解説します!

なまけねこ
なまけねこ

なまけねこは日本株70銘柄に分散投資していて、クレオも持ってるよ〜!

クレオの株は買う価値があるの?

買う価値があっても割高な時には買いたくない!

というあなたの投資判断の一助になれば幸いです。

この記事はこんな方にオススメ!

  • クレオの株を買うべきか迷っている方
  • クレオの株が割安なのか知りたい方
  • 配当金投資に興味がある方
この記事を読むと分かること
  1. クレオは株主にやさしい?
    • 配当利回り
    • 一株配当
    • 配当性向
    • 自社株買い
  2. クレオは買う価値のある会社?
    • 売上高
    • 営業利益
    • 営業利益率
    • 営業活動によるCF(キャッシュフロー)
    • EPS(一株当たり当期純利益)
    • 自己資本比率
    • 現金等
  3. 今のクレオの株価は割安?
    • PER(株価収益率)
    • ROE(自己資本利益率)
    • ROA(総資産利益率)
  4. まとめ:結局どうなん?

以下の情報はIRバンクを参考にしています。

クレオは株主にやさしい?

配当利回り

配当利回りは1〜4%、結構ばらつきがあるので安値の時に仕込みたい銘柄です。

個人的には配当利回り3.5%以上で高配当、2.5%以上で投資候補に入れます。

クレオ 配当利回り
なまけねこ
なまけねこ

なまけねこはだいたい4.5%前後になると安い!と思って買ってるよ

一株配当

めちゃくちゃキレイな増配傾向ですね!

なまけねこは長期で保有して半永久的に配当金をもらいたいので、増配傾向のある銘柄は大好物です!!!

クレオ 一株配当

配当性向

配当性向は30%前後を目安にしています。60%を超えると要注意!

配当性向は30〜40%とちょうどいい塩梅です!

あまりにも配当性向が高いと、そのうち減配する可能性が考えられるのであまり望ましくありません。

クレオ 配当性向

自社株買い

自社株買いは3,4年に一度行なっているようですね。

とは言いつつも1億円ということで、そんなにがっつり突っ込んでいるというわけでもなさそう。

業績がいい時におまけみたいな感じで行なっているのでしょうか。

クレオ 自社株買い

クレオは買う価値のある会社?

売上高

会社が提供したすべての売上が営業収益です。(無形のモノやサービスの売上を含む)対して、営業収益のうち有形のモノの売上を売上高と言います。

お〜!!ほぼほぼ右肩上がりですね。

2010年に下がってはいるものの、それ以降は順調に伸びています。

年間140億円の売上ということで、いわゆる超大企業ではありません。

一方で、一般の人に広く知られているわけではないという点も、お宝を見つけたようで魅力的ですね!

クレオ 売上高

営業利益

2010年に黒字になって以降、着々と利益を伸ばしています。

これは事業が軌道に乗りはじめたと思ってもいいのでしょうか。

クレオ 営業利益

営業利益率

営業利益の額を売上高で割ったものが営業利益率です。業種によっても異なりますが、一般的に営業利益率が10%以上あれば優良企業と見ていいと思います。

営業利益率は3〜7%と高くはない状況。

IT関連は利益率が高いイメージがあるのですが、クレオは違うようですね。

クレオ 営業利益率

営業活動によるCF(キャッシュフロー)

CFは”お金の流れ”です。ある特定の期間でどれだけお金が出て行って、どれだけ入ってきたかを示しています。実際にモノやサービスを販売してから売上金をもらうまで時差が生じので、営業活動によるCFの赤字が続くと売上はあるのに倒産する場合があります。

営業活動によるCFはずっと黒字を維持していますね。

素晴らしい◎

クレオ 営業活動によるCF

EPS(1株あたり当期純利益)

EPSは上昇傾向にあるようですね。

一株あたりの利益が増える=配当金に回せる分が増える、と考えられるので投資家としてはうれしい情報です!

クレオ EPS

自己資本比率

会社の資本のうち、人に返す必要のない自分のお金でどれだけまかなえているかということを示しています。

目安としては30%以上で投資適格、60%を超えると優良企業だと判断しています。

自己資本比率は70%と非常に高いです!

自分のお金でほぼやりくりできているという点で倒産の心配が少なく、安心して投資できます。

クレオ 自己資本比率

現金等

現金が多い”キャッシュリッチ”な企業は不況や会社の売上が良くない時でも耐えることができます。

現金がないと借金して自転車操業になって倒産する恐れがあります。

現金等は40億円ほど。

営業利益が10億円未満に対してキャッシュを豊富に蓄えているようですね。

これは安心材料です!!!

クレオ 現金等

今のクレオの株価は割安?

PER (株価収益率)

一般的にはPERが15倍より高ければ割高、15倍より低ければ割安と見なされます。

PERは10倍とそこそこ割安と言えます。

2023年3月に減収減益に下方修正したことを受けて、株価はじわじわと下落を続けています。

ただし、配当金は40円のまま維持し、連続増配を続けています。

個人的には1年での収益や利益の結果よりも、先を見据えて増配を続けると発表しているので好印象です。

今の安いうちにコツコツ買っていきたい!と思っています。

クレオ PER

ROE (自己資本利益率)

一般的にはROEが8~10%より高ければ優良企業だと見なされます。

ROEは最近では7〜11%と優良企業と言ってよいでしょう◎

クレオ ROE

ROA (総資産利益率)

一般的にはROAが5%以上の場合、優良企業と言われています。

ROAは5%以上あり。

こちらの指標でも優良企業と言えそうです。

クレオ ROA

クレオまとめ:結局どうなん?

クレオ?なにそれ?なんか可愛い名前〜

と思っていたあなた!

いかがだったでしょうか?

なまけねこの個人的投資評価としては、

なまけねこ
なまけねこ

安いうちに買っておきたい!

と判断しています。

・順調に売り上げを伸ばしている

・キレイな増配傾向

・2023年4月時点では比較的割安

・自己資本比率が高い

・ROE/ROAなど財務的に健全

という魅力的なポイントがある一方で、

・SaaSの割伸び幅が少ない

・営業利益率が△

という点で、完璧ではないものの、投資対象としては十分魅力的だと思っています。

なまけねこ自身もクレオに投資していますが、改めてIRを見てみて「安いうちに仕込んでおいて配当金をもらい続けたい!」と思いました。

なまけねこ
なまけねこ

興味がでたら、クレオの株買ってみてね~

なまけねこが実際に買っている銘柄一覧はこちら☟

お金のイラスト 【日本高配当株】なまけねこのリアル持ち株おすすめ銘柄を紹介

他の高配当株の財務分析はこちら☟

NTT 儲かる 高配当株投資 IR 【高配当株投資】NTT株への投資は儲かる?損する?日本電信電話の財務状況カンタンまとめ! KDDI 儲かる 高配当株投資 IR 【高配当株投資】KDDIへの投資は儲かる?損する?KDDIの財務状況カンタンまとめ!

ツイッターでは日々買った銘柄を発信しています☟

なまけねこの記事一覧