【2022年】知らないと損!全国の宿泊税・入湯税がかかるのはどこ?有名温泉地の入湯税を一覧で見られる!

最近旅館やホテルに泊まると、宿泊税や入湯税を払うよう言われること、増えたと思いませんか?

なまけねこ
なまけねこ

なにそれ?…200円ならまぁいっか。

ちょっと待って!

数百円だと思っていたら、思いがけず高くてびっくりするかも!最高でひとり1,000円なんてことも!

そこで、日本全国の宿泊税と入湯税についてまとめてみました。

「宿泊料にプラスいくらかかるのか?」ひとめで分かる一覧表もあるので、旅行の前にチェックしてみてください。

この記事はこんな方にオススメ!

  • 宿泊税・入湯税について知りたい方
  • 実際にどの地域への旅行で支払う必要があるのか知りたい方
  • 温泉旅行をお考え中の方

あくまで参考程度で!

税金に関する情報は日々更新されています。今回記載する内容も急に変更になったり、実際に宿泊してみると施設によって料金が異なる場合もあります。恐れ入りますが、あくまで目安として捉えていただければと思います。


宿泊税・入湯税とは

宿泊税

ホテルまたは旅館に宿泊した場合にかかる税金です。

すべての地域で導入されているわけではなく、現在導入されているのは

北海道倶知安町 / 東京都 / 石川県金沢市 / 大阪府 / 京都府京都市 / 福岡県です。

それ以外の地域に宿泊の際には、宿泊税は要求されません。


入湯税

温泉がある施設に入浴・宿泊する場合にかかる税金です。

総務省では「1人1日150円を標準とする」と定めており、多くの温泉地で150円徴収されます。

入湯税は温泉によって異なり、¥20~¥500まで幅があります。


宿泊税がかかる都道府県・市町村

北海道 / 倶知安町(くっちゃんちょう)(2019.11.1〜)

なまけねこ
なまけねこ

“くっちゃんちょう”ってどこ?

って方も多いのではないでしょうか?

倶知安町とは、ニセコ町の隣に位置し、羊蹄山(ようていざん)のある町です。

ニセコ町とともに、ニセコリゾートとして国内外を問わず多くの観光客が訪れています。

海外企業が買い取って不動産開発に乗り出したことで、倶知安町字山田は2006年から3年連続住宅の地価上昇率全国1位になりました。

北海道・倶知安町の宿泊税

※修学旅行生・引率の教員は宿泊税、免除。

入湯税は、宿泊¥150 / 日帰り¥70です。


北海道 / 札幌、函館、旭川、釧路、帯広、小樽(検討中)

初めての北海道旅行と言えば、札幌、小樽、旭川あたりを検討する方も多いはず!

倶知安町についで、北海道の他の地区でも宿泊税の導入が検討されています。

札幌・函館・旭川・釧路・帯広・小樽の宿泊税(検討中)

https://www.city.sapporo.jp/keizai/kanko/news2/documents/3siryou2-2019-2.pdf


宮城県(検討中)

宮城県では、県単位で宿泊税の導入が検討されています。

実際に宿泊税が導入されそうになったのですが、コロナの影響で宿泊事業者の負担が大きいとして、いったん議論は白紙に戻されました。

今後、コロナが収束して観光業が盛り上がってきた際には再び協議されるかもしれません。

宮城県の宿泊税(検討中)

入湯税は宿泊¥150 / 日帰り¥70です。(仙台市)


東京都

世界中から観光に訪れる東京都では、全域で宿泊税が導入されています。

ただし、食事料金などを含まない、素泊まりの料金が1泊1万円を超えない場合は課税されません。

つまり「いい旅館やホテルに泊まったら払わないといけない」ということです。

入湯税は¥150です。


石川県 / 金沢市(2019.4.1〜)

食の魅力に加え、21世紀美術館や兼六園といった文化的な魅力にも触れることができる、観光都市・金沢でも宿泊税が導入されています。

こちらでは、宿泊料金が安くても¥200は必ず課税されることになっています。

石川県・金沢市の宿泊税

入湯税は、宿泊¥150 / 日帰り¥100です。

つまり、金沢市の温泉がある旅館に宿泊した場合、1人当たり最低¥350を追加で支払う必要があります。


大阪府(2017.1.1〜)

食と笑いの街・大阪では、宿泊料金が7千円を超える場合に宿泊税が徴収されます。

宿泊料金に応じて段階的に上がっていくのは、観光客のお財布事情に考慮してくれている感じがしますね。

入湯税は¥150です。


京都府 / 京都市(2018.10.1〜)

日本だけでなく、世界中の人を魅了する古都・京都。

府単位ではなく、京都“市”で宿泊税を導入しています。

といっても、京都市とそのほかの市では、観光名所やホテルの数が桁違いなので、京都府に旅行に行かれた際には京都市に宿泊される方が大半ではないでしょうか。

京都市では、宿泊料金に関わらず必ず宿泊税がかかります。

宿泊料金5万円以上(食事代、消費税を含まず)になると、宿泊税だけでなんと¥1,000!!!

知らずに行くと、ホテルでびっくりすることになるかも。

※修学旅行生は宿泊税免除。

入湯税は、宿泊¥150 / 日帰り¥100です。


福岡県(2020.4.1〜)

福岡県は、県と市の両方で宿泊税を徴収しています。(福岡市・北九州市のみ)

「二重課税では?」と言われていますが、表を見ると分かる通り、どの市で宿泊しても¥200もしくは¥500です。

県が徴収するか、市が徴収するかの違いですね。

ただし、公式のHPでは「市町村が宿泊税を新たに課す場合、県税の税率は、宿泊者1人1泊につき100円となります。」と明記されています。

そのため、今後他の市町村が新たに¥100を超える宿泊税を課した場合、¥200より高くなることもあり得ます。

入湯税は、宿泊・日帰り共に¥50です。


導入する予定の地域も多い!

北海道の一部の地域と宮城県については検討中としましたが、他の地域でも導入の検討が進められています。コロナで観光都市の税収が厳しくなったこともあり、今後ますます宿泊税を導入する地域が増えると思われます…。


【一覧表】宿泊税がかかる地域の料金まとめ

今のところ宿泊税が導入されている地域の宿泊税をまとめてみました!

旅行の前の確認に利用してみてください!

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!



入湯税がかかる都道府県・市町村

2018年(平成30年)度の時点で、入湯税は全国992市町村(東京都区部は1市町村として計数)に導入されています。

そのうち91.3%が標準税率の150円で、最低20円~最高500円に設定されています。

つまり、多くの温泉地で入湯税を払う必要があり、たいていの場合大人1人あたり150円です。

ただし、これは標準税率(大人・宿泊)であり、日帰り利用や12歳未満のお子様、修学旅行生、療養目的の方、ユースホテル利用者、1,000円以下の入浴施設など、自治体によっては減免されることがあります。

最安値20円は広島県!

ちなみに、入湯税最安値の20円を導入しているのは、広島県の神石高原町(じんせきこうげんちょう)と世羅町だそうです。


超過課税がかかる自治体

標準税率150円を超える入湯税を課すことを「超過課税」と言います。

調べたところ、超過課税を導入している自治体は以下の5つの温泉地でした。

他にもありましたら随時追加していきますので、教えて頂けると幸いです。

ほかの温泉地では、最高でも大人1人1泊¥150だと覚えておけば安心ですね!


  • 北海道釧路市・阿寒湖温泉

入湯税:250円

現在のところ、2015年から10年間の期限付きなようです。


  • 北海道登別市・登別温泉

入湯税:300円

令和2年4月1日から¥150から¥300に値上げされました。


  • 栃木県那須塩原市・塩原温泉(現在は終了)

入湯税:¥150

期間限定(令和2年12月1日~令和4年3月31日)の特例措置として、入湯税の税率の引上げをしていました。

しかし当初の予定より早く、令和3年9月30日をもって特例措置期間を終了。

令和3年10月1日から税率を元に戻しました。

入湯税の引き上げによって、観光客が離れてしまったのでしょうか…。


  • 三重県桑名市・長島温泉(の一部)

入湯税:¥210

ナガシマスパーランドやななばなの里で有名な桑名市にある温泉地です。

市町村の公式HPに入湯税の記載が見当たらなかったのですが、一部の宿泊施設のHPでは¥210とされていました。

個々の施設によって料金が違うのかもしれません。


  • 大阪府箕面市・箕面温泉

入湯税:¥200


  • 岡山県美作市・湯郷温泉

入湯税:¥200


  • 大分県別府市・別府温泉

入湯税:¥50~¥500

別府温泉では、宿泊料金+食事料金に連動する形で、入湯税が課税されます。

東京都などの宿泊税では食事代を除いた素泊まりの料金で計算されていましたが、別府市の入湯税は食事代も込みなのでご注意を!

なまけねこ
なまけねこ

入湯税なんて知らずに「いいとこ泊まろうぜ!」っていつもより高い旅館泊まったら、

入湯税だけで2人で¥500とられたぜ!皆は気をつけてね!

※短期滞在者(日帰り~6泊7日)の場合の入湯税です。長期滞在者(7泊8日~)の場合は上記の半額の料金です。(1泊目から適用)


【一覧表】全国の有名温泉地の入湯税まとめ

温泉地ランキングで上位になる有名温泉地の入湯税をまとめてみました!

温泉地の「〇〇温泉」というところをクリックすると、各市町村の入湯税が記載されているHPにアクセスできます。

「もっと詳しく知りたい!」という方はご利用ください。

大人1人が宿泊した場合の入湯税です。

上記の料金は、宿泊の場合の一般的な入湯税の料金です。(大人1人あたり)

日帰り入浴の場合、HPに記載がなくても割引になっている場合があります。

また、市町村が定めている標準料金なので、店舗によって独自の料金設定をしている場合もあります。

気になる方は宿泊先のHPで一度ご確認をお願い致します。


最後に

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

この記事を読んで

なまけねこ
なまけねこ

宿泊税と入湯税ってなに?いくらかかるの?

という疑問の解決につながれば幸いです。

今度旅行に行く際は、宿泊料金以外にかかる税金まで考えて予算を立てられるといいですね◎

(かくいう私も忘れてそうですが…)

この記事を読んでくれたあなたにおすすめ

【2021年】温泉といえば食べ歩きがメイン?!温泉街のグルメ・周辺観光地が最高なオススメ温泉地ランキング! 【星野リゾート体験談】界タビ20sで予約して“界 津軽”に行ったら最高すぎた!

なまけねこの記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA